家づくりの前にやることリスト

一条工務店の坪単価はいくら?総費用と単価の相場を解説!|実際に支払った費用も紹介

快適すぎて家から出られなくなった!と好評の一条工務店の住宅。全館床暖房が標準装備されていて、細部までこだわり抜かれたデザインと収納の多さに一度は憧れを抱いた方も多いことでしょう。ハイエンド型高性能住宅とまで揶揄されることもある一条工務店の住宅ですが、その名の通り値段も少々張ってしまう点がネックポイントです。

そこで本記事では一条工務店の坪単価について、その相場や予算感、実際に私が一条工務店の住宅を購入した際の見積金額などをご紹介します。
一条工務店の坪単価は複数ある住宅タイプによっても上下します。まずはどのタイプの住宅があるのかを確認してから、坪単価の平均相場を確認してくださいね。

ぴょり

坪単価は年々上下する金額ですから、この記事に書いた数値は目安としてご利用ください!
ポイント
  1. 一条工務店の見積もり金額は絶対に参考にしない!もっと安く施工する方法あり
  2. 一条工務店の坪単価は年々値上がりしている
  3. 実際の建築費は坪単価よりも高くなる傾向がある
  4. 平屋で建築する場合、坪単価が高くなる傾向がある

そもそも一条工務店の坪単価ってなに?

一条工務店での住宅購入費を出来る限り抑えたい!とするのであれば、住宅を購入する私たちは坪単価の仕組みを深く理解しなければなりません。
それもそのはず、一条工務店の営業マンは自社の商品を販売するため、私たちへ商談しているのです。

住宅購入に伴う打ち合わせが「商談」ならば、当然私たちも住宅に関する知識を十分に付けておく必要があります。営業マンの巧みな言葉に騙されないためにも、まずは正しい知識を付けておきましょう。

一条工務店の坪単価は一概に算出できない!条件によってまばら

そもそもの話、坪単価とは具体的な金額を算出することなどできないのです。
住宅購入者の視点から考えた坪単価と、一条工務店の営業マンの視点から考えた坪単価との間に違いがあることを抑えておきましょう。

まず初めに、住宅購入者の視点から考えた坪単価の算出方法をご紹介します。

【坪単価の算出式①】
マイホーム建築に必要な料金の総額 ÷ 住宅の建坪(施工面積)

例えば我が家の場合、最終的にお支払いした金額は28,224,534円だったんです。
購入した住宅は一条工務店 i-smartの住宅で、敷地面積が30坪でした。つまり・・・

計算式
28,224,534(円) ÷ 30(坪)=約94万円(坪単価)

最終的には以上の坪単価で住宅を購入したことになります。

 

ところが、私が営業マンと商談をするときに提示された坪単価は以下の金額でした。

え~~、ぴょりさんの住宅でこの条件なら、だいたい60万円から70万円が坪単価の相場になりますが、いかがでしょうか?

営業マン

ぴょり

(思ったよりも安かった!)そうなんですね!よろしくお願いします!

32坪2,600万円

我が家の坪単価と営業マン提示の坪単価との間に大きな乖離があることがご理解できるでしょうか?立場が違うだけで坪単価への考え方が異なる点を必ず押さえてください。

 

営業マン提示の坪単価見積もり金額(仮契約時):60万円から70万円ほど
実際に一条工務店で住宅を購入した時の坪単価:94万円

見積もりと実費の坪単価の価格差:20万円から30万円

 

この現象は、一条工務店の営業マンが嘘をついているから起こるわけではなく、営業マンが私たちとは異なる視点で坪単価について考えているから発生します。

次の坪単価算出方法を見てみましょう。

【坪単価の算出式②】
マイホーム建築に必要な料金の総額から、太陽光と外構費を除いた支払額 ÷ 住宅の建坪(施工面積)

最初に提示した坪単価から、太陽光パネル(夢発電)と外構費が除外されていますね。

実は一条工務店の営業マンは、太陽光システム(夢発電)や外構費などの費用を除いた見積もり金額を提案しているのです。それゆえ、実際に掛かった坪単価との大きな乖離が生じます。

一条工務店の太陽光パネル(夢発電)の施工費は300万円から400万円ほどかかりますし、我が家の外構費も最終的に90万円でした(180万円から値下げしました)。オプションにも300万円かかっているので、坪単価が大きくなるのも当然ですね。

ぴょり

住宅にこだわった分値段は大きくなりましたが、一生モノの素晴らしい戸建てを手にすることができました。

というわけで、ハウスメーカーの坪単価比較表はあまり参考になりません!!

そもそも、住宅にどのくらいのオプションを付けるのかによっても最終支払い金額は上下しますし、我が家のように法人割引が適用される場合は坪単価が見積もり額よりも低くなる場合もあります。

坪単価が上下する要因一覧
  1. 住宅の工事価格(間取りにこだわると成功面積が数坪変わるので、住宅工事価格も変わる)
  2. 値引き額(法人割引や紹介割引、オプションのくじ引き商品など)
  3. 建築申請・その他費用(確定申告や完了検査を行う際に必要なお金)
  4. 付帯工事費用(光熱費などライフライン施工の費用。分譲地だと安い!)
  5. オプション費用(かなり変わります。我が家はオプションに300万円ほど支払いました)
  6. 太陽光システム|夢発電(300万円~400万円ほど見積もり金額に上乗せ)
  7. 消費税

ぴょり

あらかじめ坪単価の仕組みについて知っておけば、住宅を建てた後に「モヤモヤ」してしまうこともなくなるはずです!絶対に抑えておいてください!
ちなみに我が家では住宅購入前にファイナンシャルプランナーのマネーセミナーにも参加しました。ローンの組み方や、出来る限り出費を抑える方法などを学んで賢く住宅を建てることができましたよ。

旦那小僧

無知で家づくりは危険すぎる!勉強に役立つ無料の資料・セミナー一覧

 

余談になりますが、自宅の坪単価をしっかり把握しておくと自室にどれだけお金がかかっているのか意識できます。私の書斎はトータルで150万円もかかってました(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぴょり@非キラキラ系整理収納アドバイザー(@pyori_ismart)がシェアした投稿

 

ぴょり

さて、前置きがとても長くなってしまいましたが、ここから一条工務店の商品ごとの坪単価をご紹介します。全て仮契約時の値段だということをお忘れなく!

一条工務店の商品ごとの坪単価をご紹介

ここからは一条工務店の商品ごとの坪単価平均相場をご紹介します。
下記に掲載する情報の数字は全て、2019年8月に作成され一条工務店が顧客に配布している資料から引用しました。(2020年3月に頂いた資料です。)

現在の坪単価は東京オリンピックを受けた地価崩れやコロナウイルスの影響によって著しく上下しているようです。お住まい予定の地域やその土地の状況によっても坪単価は大きく変動しますので、正確な情報は一条工務店担当者や無料相見積もりサービスへ問い合わせてください。

700万円値引きも!タウンライフ家づくり計画の口コミと3つのメリット

 

(スマホの方)横スクロールで比較できます!⇒

単位(万円) i-smartⅡ i-cubeⅠ i-cube Ⅱ グランセゾン セゾンA3 和風百年
20坪 75.3 69.8 72.8 77.6 66.6 71.9
25坪 71.5 66.0 69.0 73.8 64.7 68.0
30坪 67.7 62.2 65.2 70.0 61.0 64.3
35坪 67.3 61.8 64.8 69.6 60.6 63.9
40坪 66.9 61.4 64.4 69.2 60.1 63.4
45坪 66.6 61.0 64.0 68.8 59.7 63.0
50坪 66.0 60.5 63.5 68.3 59.3 62.6
55坪 65.8 60.3 63.3 68.0 59.0 62.3
60坪 65.5 60.0 63.0 67.8 58.8 62.1
65坪 65.3 59.8 62.8 67.6 58.5 61.8
70坪 65.0 59.5 62.5 67.3 58.3 61.6

 

【ポイント】
坪単価は土地の状態や施工する住宅オプションの金額によって上下します。
無料の相見積もりサービスや、外構費を半額まで値下げ交渉する方法を使って施工費を下げていけば、その分坪単価も削減できます。

一条工務店 i-smart(アイ・スマート)の坪単価

画像引用:一条工務店公式サイト

i-smartは日本で最も売れている注文住宅商品で、一条工務店のメイン住宅商品です。
2018年1年間のi-smart、i-cubeを合わせた住宅販売数は10,247棟まで登り、一条工務店の商品シェア80%を占めています。

「家は、性能」というキャッチフレーズの名に恥じない機能性を誇っており、住宅に住みこむ人の利便性を徹底的に追及した住宅だと思います。

i-smart(アイスマート)の特徴
  1. 外壁や窓などのエクステリア、キッチンやフローリングのインテリアまで細部にこだわった性能重視の住宅
  2. 全室床暖房が標準装備
  3. 外内ダブル断熱工法を採択
  4. さらぽか空調が搭載可能(イチオシ)
商品名
i-smart
年間販売数
1080棟
平均価格
1950万円
平均床面積
106㎡
坪単価
67万円(30坪の場合)

ぴょり

我が家が迷いに迷って購入を決めたのがこちらのi-smartです。当ブログでは一条工務店のi-smartに関するあらゆる情報を掲載しているので、気になることがあったら記事検索してみてください!

一条工務店 i-cube(アイ・キューブ)の坪単価

画像引用:一条工務店公式サイト

i-cube(アイキューブ)はi-smartとほとんど同じ機能性を持っている住宅ですが、その外観・内装に大きな違いがあります。
エコ性能の高さでi-smartとは差別化されていて、省エネに特化している点も特徴です。太陽光システムの夢発電と組み合わせることによって水道光熱費を徹底的に削減することが可能です。

i-cube(アイキューブ)の特徴
  1. キューブ型の外観デザインに白基調の明るいインテリアを揃えたデザイン
  2. 業界トップレベルのエコ性能がポイントで、省エネに特化している
  3. 全室床暖房が標準装備
  4. 外内ダブル断熱工法を採択
  5. さらぽか空調が搭載可能(イチオシ)
商品名
i-cube
年間販売数
9360棟
平均価格
2190万円
平均床面積
115㎡
坪単価
64万円(30坪の場合)

さらぽか空調を搭載できるのはi-smartとi-cubeだけです。
これが本当に快適なオプションなので、ぜひお試し宿泊して欲しいです・・・!

特に夏場の室内は湿気が凄くてジメジメですよね。
間取りによっては空調が部屋全体に行き渡らない場合もあるので、除湿器を置いている方も多いと思うのですが・・・
さらぽか空調は床冷房の機能を兼ねそろえているので、ジメジメした嫌な空気が全部リフレッシュされるのです!

ぴょり

梅雨の時期に2回の宿泊体験をして、必須のオプションだと確信しました。

(内部リンク)

一条工務店 グランセゾンの坪単価

グランセゾンの外観画像

画像引用:一条工務店公式サイト

グランセゾンの特徴
  1. 4つの選べるインテリアスタイルを軸に、理想の空間をかなえる
  2. 全面タイル外観で、エクステリアも圧倒的な存在感

一条工務店 セゾンの坪単価

画像引用:一条工務店公式サイト

一条工務店の定番になっている住宅商品がセゾンです。i-smartやi-cubeシリーズが出る前から販売されており、一条工務店と言えば「セゾン」を思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。

レンガタイル張りの洋風エクステリアが特徴的で、落ち着いた雰囲気の木造建築となっています。

セゾンの特徴
  1. 無垢材をふんだんに使った上質な室内
  2. レンガタイル張りの落ち着いたヨーロピアンスタイルのデザイン
  3. 本格木造注文住宅で、木のぬくもりに包まれる
商品名
セゾン
年間販売数
2379棟
平均価格
2100万円
平均床面積
122㎡
坪単価
58万円(30坪の場合)

一条工務 店円熟の家 百年の坪単価

画像引用:一条工務店公式サイト

セゾンとは対照的な一条工務店の木造住宅が円熟の家百年です。
和風建築の醍醐味は「庭」です。こちらの住宅を購入される方は外構(庭)にこだわる方も多く、外構費用を含めたトータル費用が高額になりやすいそうです。

円熟の家百年の特徴
  1. 和の伝統と先進技術の融合を実現した住宅
  2. 床の間や雪見障子などを揃えた本格和風住宅
  3. 現代風にアレンジした和モダン住宅も、もちろん選択可能
  4. 風格のあるたたずまいの中に機能性を持たせた住宅
商品名
百年
年間販売数
120棟
平均価格
2560万円
平均床面積
143㎡
坪単価
64万円(30坪の場合)

ぴょり

一条工務店の住宅はどれもデザイン性に優れていますね!インテリアの性能や細部までのこだわりも体験して欲しいので、ぜひ体験宿泊をしてみてください。

一条工務店の総費用はいくらだった?実際に住宅購入した私の例

というわけで、記事の最後に実際に建築工事の見積書を出して頂いた時の総費用をご紹介します。最終的な施工見積もり金額は30坪×坪単価(70万円)=21,715,896円でした。

坪単価で考えれば一条工務店の平均的な坪単価で注文住宅を建築できたことになります。

ただし、以下の見積書を見て頂ければわかる通り、住宅本体の工事に掛かる費用とは別に代金が発生しているので、それ以上の金額を支払っています。

  • 付帯工事費用
  • オプション費用
  • 消費税
  • 建築申請・その他費用

さらにここから、キャンペーンで無料で施工して頂いたオプション費用や法人割引の費用を減額すると・・・

一条工務店で30坪のi-smart住宅を建築した場合:27,573,367円

以上の費用が最終的な見積金額になります!坪単価に直すと約89万円!ちょっとお高く感じますね。

ぴょり

私の場合は間取りプランや注文住宅費用、土地探しなどを無料相談サービスでお願いしたあと、住宅の無料相見積もりサービスを利用して外構を90万円安くしたので、比較的安価でマイホームを建設することができました!
どのくらいの住宅ローン額が適正なのかも無料で相談に乗って頂いたので、とてもスムーズに住宅購入できたと思っています。

無知で家づくりは危険すぎる!勉強に役立つ無料の資料・セミナー一覧

外構工事の費用を90万円節約した方法をご紹介

ハウスメーカーが提携している外構工事業者の見積もり金額は、ある工夫をするだけで大幅に削減することが出来ます。

ハウスメーカー提携外構業者との打ち合わせ前に見積書を作っておくことで、有利な商談を進めることが出来るからです。我が家の場合、無料のオンライン一括見積りを利用して初回185万円だった見積りを97万円まで削減しました!

実際に依頼した外構工事の内容はこちら。

  • 仮設工事
  • コンクリート工事
  • 土工事
  • 付帯工事
  • 諸経費

ぴょり

詳しい商談方法や、実際に見積もり値段を値下げし続ける流れについてはこちらの記事にて紹介しています!

外構工事の費用を安くする方法!たった1つの方法で見積り50%OFFに成功

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です