家づくりの前にやることリスト

一条工務店の宿泊体験会 i-smart の洋室・和室をWEB内覧会します!

展示場やモデルハウスを見る限り、一条工務店のお部屋ってこれと言って特徴がない・・・

しかし宿泊体験をしてみると、地味ながら素晴らしいお部屋だとわかりました!

一条工務店の宿泊体験会に行ってきたので『洋室・和室』についてレポします。

\インスタにも載せてます/

一条工務店 宿泊体験棟 ismart 洋室

一条公務店i-smart宿泊体験棟の間取り

一条公務店i-smart宿泊体験棟の間取り

 

1階に洋室、2階に和室の珍しい間取りですね!

 

一条公務店i-smart宿泊体験棟の洋室

大きめの窓2つにはハニカムシェード(標準)が付いてます。

写真右上に見える輪っかのついた棒はホスクリーンです。

輪っか部分に物干し竿を通して使うことができます。

使わない時は収納できるので邪魔にならず便利です。

我が家もランドリールームとシューズクロークに採用しました。

 

一条公務店i-smart宿泊体験棟の洋室

 

ドアは2つ。

リビングから入れるドア、リビングを通らずに玄関から直行できるドアが付いてます。

 

一条公務店i-smart宿泊体験棟の洋室の収納
収納も大小2ヶ所あって十分です。

でもこう見ると、ドア、収納扉、ドア、収納扉でなんだかうるさい感じもします。

一条ルールによって、ドアを付けなければならない場所があるとか?なんとか?

そういう都合で付いているのかもしれません。

部屋の環境

温度:22℃

湿度:59%

一条公務店i-smart宿泊体験棟の洋室の温度計・湿度計
大きめの窓が2つあるせいでしょうか、室温はリビングの24.5℃よりも低くなっていますね。

2.5℃の差は大きく、入ると「あ、少し涼しいな」と感じました。

一条工務店 宿泊体験棟 i-smart 和室

一条公務店i-smart宿泊体験棟の和室

和モダンルーム

「ジャパニーズモダン」の印象に仕立てた和室。和紙を用いた市松模様の襖、落ち着きのあるカラーの床の間、スクエアタイプの畳など、遊び心のあるデザインが目を引きます。

パンフレットより引用

だそうです。

正方形の畳が可愛いですね。

部屋の環境

温度:22℃

湿度:58%

一条公務店i-smart宿泊体験棟の和室の温度計・湿度計
こちらも洋室と同じように、リビングの24.5℃よりも2.5℃低くなっています。

間取りを見てみると、下が玄関ホールです。

玄関の床暖房はフローリング部分だけで、土間(靴を脱ぐところ)には入っていません。

本来は、1階より2階の方が暖房の恩恵を受けやすいはずです。

しかしこのような間取りだと、玄関の直上は暖まりにくいのかもしれませんね。

一条工務店 宿泊体験でのチェックポイント

宿泊体験のときに確認した方がいい各部屋のチェックポイントを教えます。

サーキュレーター

我が家は梅雨の時期にさらぽか採用の宿泊体験棟にて2回目の宿泊体験をしました。

さらぽか(通称床冷房)を採用すると、各部屋にサーキュレーターが付きます。

このサーキュレーターが意外にいい風を循環させてくれて、「強」だと寒いくらいだったんです。

もちろん、各サーキュレーター毎にON/OFFや風量の調整はできます。

 

チェックして欲しいのはサーキュレーターの位置と向きです。

特に寝室では、夜通し顔に風が当たるのは不快です。

  • サーキュレーターからどのくらいの距離まで風が届くか
  • 家具の配置を考え、サーキュレーターはどの向きがいいか

このあたりをチェックしておくと、打ち合わせのときに役立ちますよ!

 

収納タイプ

打ち合わせが始まると、唐突に「収納タイプを決めてください」というタイミングがきます。

オプション集を見ても画質の粗い写真しかなくてイメージが湧きません。

実際に見ることができるのは、打ち合わせしている展示場にあるものだけです。

だからこそ宿泊体験のときにしっかり見て、使って確認しておくことが大切なんです。

 

吹き抜けの影響

吹き抜けは音が響きやすいといいますよね。

音の感じ方は人それぞれなので、実際に確認してみることをおすすめします。

リビングのテレビをつけたまま2階の部屋に行ってみましょう。

一条工務店 宿泊体験棟 i-smart 部屋 まとめ

  • 室温がリビングより低い(間取りによる?)
  • サーキュレーターの位置と向きをチェックせよ
  • 収納タイプを確認せよ

 

家づくりの前に勉強すべきことを別の記事にまとめています!

家づくりにはお金がかかりますから、全て無料で勉強できるものです。

\おすすめ記事はこちら/
家づくりの前に勉強すべきこと▲家づくりで損しないために▲
 

家づくり前にポイントをつかめ!勉強に役立つ無料の資料・セミナー一覧