家づくりの前にやることリスト

タウンライフ家づくりを使ってみた感想とメリット・デメリット

結婚すると「いつかマイホームを…」なんて考えるようになりませんか?

子供ができるとなおさらですよね。

今回はお友達のにいなちゃん(@niinaafi)が家づくりの体験談を語ってくれたよ!

よろしくお願いします!

にいな

我が家は男の子ふたりなので、できれば戸建てがいいなぁと思っています。

でも戸建てに住んだこともないし、注文住宅の知識も0。

そんな私が試してみたのは、間取りの提案や見積もりを複数のハウスメーカーに一括で作成依頼できる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。

戸建て初心者にはとっても便利なサービスなんです!

サービスを使ってみた感想を赤裸々にお話ししちゃいますね。

にいなちゃんが使ったサービスはこちらの「タウンライフ家づくり」です。

 

\家づくりは資料請求から!/

▲家づくり計画書を無料作成できる▲

タウンライフ家づくりを実際に使ってみた感想

タウンライフ家づくりの申し込み方法はとっても簡単です。

STEP.1
家を建てたい地域を選ぶ
STEP.2
希望する間取りを入力
STEP.3
資金計画を入力
STEP.4
お客様情報を入力
STEP.5
希望するハウスメーカーを選ぶ

たったこれだけです。

5分もかかりませんでした!

私はどこのハウスメーカーがいいのかまったくわからなかったので、全部のハウスメーカーに依頼しました。

依頼したハウスメーカー

  • タマホーム株式会社(タマホーム株式会社)
  • 住友不動産株式会社(住友不動産株式会社)
  • 株式会社オープンハウス(株式会社オープンハウス)
  • 株式会社アキュラホーム(株式会社アキュラホーム)
  • 株式会社富士住建(株式会社富士住建)

それぞれのハウスメーカーの対応をまとめてみましたので、参考になれば嬉しいです。

 

タマホーム

2日後に担当の営業さんから電話がありました。

資料は届いてますか?
子会社と提携不動産両方で土地探しをお手伝いできます。
展示場に来てみてください。

営業さん

というような話をしました。

タマホームから送られてきた資料はこちら↓

タウンライフで請求した試料(タマホーム)

パンフレットとクオカード3,000円分の引換券が入っていました!

タウンライフ家づくりで貰えるQUOカード

不動産業界は羽振りがいいですね。

さすが上場企業です。

展示場に行く前に資料請求しておけばQUOカードがもらえるかも♪

 

\家づくり計画書を無料作成!/

 

住友不動産

申し込んで1週間くらい経ちましたが、メールも電話も来ていません。

 

オープンハウス

一番頻繁に連絡がくるのはオープンハウスです。

申し込んで30分後くらいには、お礼と物件紹介のメールが来ました。

早いですね!

また、申し込みは午前中にしたのですが、その日の夕方にオープンハウスの担当さんから電話が来ました。

内容としては、

まずは物件を見に行きましょう!
不安なことはありますか?
理想の物件があれば教えてください。

営業さん

という感じでした。

担当の営業さんはそこまでギラギラしている感じではなかったですが、ちょっと参考にしたいなぁくらいの気持ちだったので、温度差にためらいました。

購入を決めている方なら、進んで情報を提供してくれるので、展開が早く済むと思います。

ただ私は人見知りで、あんまり電話されるのも好きではないので、控えてもらえるようにお願いしました。

 

アキュラホーム

申し込み翌日に担当さんから資料を送付しましたという電話がありました。

夕方だったので、すぐに切らせてもらいました。

アキュラホームから送られてきた資料がこちら↓

タウンライフ家づくりアキュラホーム

パンフレットと名刺が入っていたのですが、この中の「実例集」がとってもよかったです。

実際にアキュラホームで注文住宅を建てられた方達のご自宅が載っていました。

こんな家に住みたいな〜
こんな間取りいいな!

にいな

と、実際の暮らしが見られるので、とても参考になりました。

 

富士住建

申し込み翌日に、資料のPDFがメールで届きました。

最近はこういう資料も紙ではなくてPDFなんですね。

具体的な物件などではなく、パンフレットでした。

どのハウスメーカーからも、間取りや見積もりは届きませんでした。

どうやらこちらの情報が少なすぎて、間取りや見積もりが作成できなかったようです。

だからオープンハウスは、いろいろと質問してきていたんですね。

情報が具体的でなかったので、少しでも多く情報を引き出そうとしてくれていたようです。

依頼する側も、もっと具体的な情報を用意してから申し込むべきだったと反省しました。

タウンライフ家づくりメリット・デメリット

では今回タウンライフ家づくりを使ってみて感じたメリット・デメリットについてお話しします。

デメリット
  • 間取りや見積もりプランがもらえない場合もある
  • 会社によってはガッツリ電話セールスがある

依頼する際に、ある程度具体的な情報がないと間取りや見積もりプランがもらえません。

連絡すらくれない会社もありました。

各ハウスメーカーによって温度差はありますが、好感が持てない業者からは営業を受けないのもありですね。

連絡がないのも淋しいですが、しつこく連絡があるのも嫌ですよね。

しかも夕方の忙しい時間にかけてこられるのが本当に嫌でした。

こちらも業者によって違いますが、もししつこい電話セールスで困ったら、「他に決まりました」と断るか「検討したいので連絡は控えてください」とお願いしてみましょう。

 

メリット
  • インターネットで簡単に申し込みができる
  • 各ハウスメーカーのコスト・プランが比較できる
  • 無料で利用できる

まずはインターネットだけで申し込みができるので楽チンでした。

住宅展示場は仰々しくて、緊張しちゃうし、というか30代前半の夫婦が行っても相手にしてもらえませんからね、悲しいことに。

経験済みですw

街の不動産屋さんに行くのも、やっぱり緊張するし、子連れだとなかなか難しかったりします。

でもインターネットで申し込みをするだけで、向こうから資料や連絡がくるので、家にいるだけで情報を手に入れることができました。

また、家にいながら、各ハウスメーカーの費用やプランが比較できるのもメリット。

しかも無料で利用できるのもいいですね。

にいな

ネットのサービスなら自宅で簡単に情報収集できるので子育て世代にもおすすめです!

 

\簡単5分で一括資料請求!/

▲無料なのが嬉しい▲

タウンライフ家づくりを利用する時のポイント

タウンライフ家づくりを実際に利用してみて、こうしておけばよかったなと思ったポイントを紹介しますね。

  • 理想でもいいので具体的な情報を考えておく
  • 土地の候補があれば準備しておく
  • 電話営業が嫌な人は自由記入欄に書いておく

私の一番の失敗は「こんなこと書いたら、夢見てるな〜と相手にしてもらえないかも…」と思って、情報を具体的に書かなかったことです。

理想でもいいので、自由記入欄にもきちんと書いておけばよかったな〜と思いました。

こちらの希望と予算などが合わなかったら、業者さんが教えてくれますからね。

業者さんからの情報が具体的になるので、その方が現実が見えてくるし、予算も立てやすくなります。

もし両親から土地を用意されていたり、なんとなく候補の土地があれば、それも用意しておいた方がいいです。

同じ30坪の土地でも、形が違えば間取りも変わってきますからね。

あれば絶対用意しておいた方がいいです。

 

もうひとつ困ったことが、結構電話がかかってくることです。

一社だけなのでまだいいですが、地域によって業者さんも違うので、場合によっては結構な電話セールスがくるかもしれません。

なので電話セールスを受けたくない方は、あらかじめ申し込む時に、自由記入欄に控えて欲しいと書いておいた方がいいです。

タウンライフ家づくりまとめ

今回はタウンライフ家づくりを利用した感想を素直に紹介しました。

私は戸建てや注文住宅の知識がまったくなかったので、一括請求した資料や、先着プレゼントの「成功する家づくり7つの法則」がとても勉強になったので申し込んでよかったと思いました。

タウンライフ家づくりがおすすめな人
  1. 戸建てや注文住宅の知識があまりない人
  2. いろんなハウスメーカーの間取りや見積もりを比較したい人
  3. 初めての家づくりに不安がある人
  4. 時間がないけど家を建てたい人

家を建てるのは楽しいですが、初めての事なのでわからないことや不安がありますよね。

住宅展示場に行ってみたら、ひとつめのモデルハウスで営業さんに捕まってグッタリ…なんてこともあります。

タウンライフ家づくりの一括作成なら、作ってもらった間取りや見積もりプランを、自宅でゆっくり比較検討することができます。

自分のペースで情報収集したい方にはピッタリなサービスです。

にいな

最後までお読みいただきありがとうございました。

にいなちゃん(@niinaafi)ありがとうございました!

まずは無料で家づくりの情報収集を始めましょう!

 

にいなちゃんのようにQUOカード引換券が届くかも♪

 

\資料請求の申し込みはこちら/

▲無料で家づくり計画書を作成▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です